8ビット箱

ディスクシステム

ディスクシステム

当時はとても贅沢な装置だったから、お金持ちの家の子しか持ってなくて。 自分が買ったのは、何十年も経ってから、大人になった頃。 それまでは、持ってる子の家に行って遊ばせてもらってた。 初めて見たゲームは「悪魔城ドラキュラ」だったと思う。 ディスクシステムの装置にはファミコン本体には入っていない音源が使えて、音がすごくて。 もうこれは完全に家がゲーセンだ!と感動。 ROMカセットとは違って、ゲームをするときはディスクから読み込みがあって、すぐにゲームが始まらないけど、またそれが逆に高級感を出してた感じ。 当時は悪魔のツール「コピーツール」もあったりして、好き放題ゲームを黄色いディスクにコピーしたり。 今でもあるとは思うけど、お店では見たことが無い。 昔はレンタルソフト屋さんってのがあって、そこでファミコンディスクのコピーソフトが堂々と売られてた、そんな甘い柔らかい、のんびりした時代だったわけで・・・のんびり、と例えて良いものかは、ちょっと悩ましいけど。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.