8ビット箱

TETRIS

TETRIS
以前、勢い余って「WELLTRIS」を先に紹介してしまったので、今回は落ち着いて「TETRIS」を紹介してみる。 発売元は同じくSpectrum HoloByte社。 ほぼ誰でも知ってる落ちゲーの代表作だから説明は不要かなと。

TETRIS
800KBのフロッピーディスク2枚の中に、モノクロ版(Macintosh Plusとかで遊ぶバージョン)とカラー版(Macintosh II以降で対応するバージョン)が詰め込まれている。 昔は、1MBの増設メモリが2万円くらいしてたし、HDDは1MB辺り1万円くらいしてた。 Apple純正の20MB(メガバイト。 ギガじゃなく、メガ)が20万円くらいしてた。

TETRIS
MAC版は他のプラットフォームと比べて少々お高い感じ。

TETRIS
マニュアルには堂々と「The Amiga, Macintosh and Macintosh II version of Tetris are not copy protected. Please make backup copies following the normal procedures for copying disks…」こんな説明書きが。 素晴らしい時代。

TETRIS
そして、ゲームのオープニング画面。

TETRIS
こちらは比較用として、モノクロ版のオープニング画面。
んー、個人的にはやっぱりこのモノクロが好きかも。

TETRIS
とりあえず、カラー版へ戻って、ゲーム開始前のレベル選択画面。

TETRIS
こんな感じで、お馴染みの画面が出てきて、ひたすらブロックを無心でいい感じに並べていく作業を繰り広げていくわけで。

TETRIS
いい感じのブロックがやってきた。

TETRIS
当時のこういったデジタイズされた取り込み画像(だと、勝手に思ってるけど)はとにかく味わい深いなと思うわけで。 目ではっきり確認できる1つずつのドットが混ざり合う芸術。

TETRIS
画像1つ1つも特徴的だけど、テトリスと言えばBGMもまた特徴的。 ロシア風味たっぷり、異国情緒溢れるBGMにがっつり酔えて、一層このゲームにどっぷりと吸い込まれることに。

TETRIS
そろそろブロックが落ちてくる速度が大変になってくる。 今のところまだ余裕だけど、キーボードを遠慮無くガチャガチャガチャっと押して(叩いて)操作を続けると、少し不安にもなってしまう。 とかいいつつ、やっぱり遠慮無くガチャガチャ叩く。

TETRIS
そういえば、画面の中で時々「CCCP」という文字が。
今更ながら気になって調べてみたら、アルファベットではなく、キリル文字のС(←エス)とР(←エル)らしく、「Союз Советских Социалистических Республик」ということ。 全然読めないけど、ウィキペディアに載ってた。 意味は「ソビエト社会主義共和国連邦」。 そっか、テトリスが出た時(Macintosh版は1987年発売)って、ロシアではなくて、ソ連だった。 ゲームのパッケージには「The Soviet Challenge」とかで書いてるし。 なんだかちょっと重みを感じるフレーズ。

TETRIS
ゲームオーバーになると、ハイスコアが出せれば名前を書き込めるのも、わりとお約束。 一人でやってると、当然ながらスコアボードには全部自分の名前になっていって、そこそこ寂しい気持ちにもなるので、不定期で再インストールしてスコアボードをリセットしたり・・・。

TETRIS
トーナメントモードっていうのもあって、みんなで集まってワイワイ遊ぶこともできてしまう。 個人的にはやったことないけど。

TETRIS
次の方どーぞー、という感じで。 一人だと虚しさを増大させる機能かなと。

TETRIS
相変わらずの美麗なAbout画面。

TETRIS
こちらはモノクロ版のAbout画面。
すごく繊細に描かれてて、カラー版と比べても遜色無くてすごい。
むしろこっちの方がやっぱり好きかも。

TETRIS
ついでなので、いくつかモノクロ版の画面も。

TETRIS
やっぱりモノクロ版の方が「Macintoshらしさ」をより強く感じる。
人それぞれの好みだとは思うけど。

TETRIS
こんな風に、白黒(グレーでは無く、白と黒だけ)でここまで繊細に描いた綺麗な画像は、当時に感動したのはもちろん、今でも十分感動できてしまう。

当時は社会問題にまで発展したゲームなだけに、今遊んでもやっぱりついつい時間を忘れて無心で遊んでしまう、言ってみれば「危ないゲーム」だなと思う。 ゲームをやめても、頭の中はロシア民謡がこびり付いて、目を閉じればブロックが落ちてくることを妄想して・・・。

中毒性の高い危険なゲームなので、くれぐれもご注意を。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.