8ビット箱

WELLTRIS

Welltris

今回は「WELLTRIS」でも取り上げてみようかなと。 カタカナだとウェルトリスって呼んでいいのかな。 前回の「VETTE」と同じく、Spectrum HoloByte社から出ていたゲーム。 名前から想像できるけど、いわゆる「TETRIS(テトリス)」の進化版。 遊び方としては、テトリスとほぼ同じだけど、WELLTRISでは真上から見た感じの画面で、しかも立体な感じ。 3Dです、Three Dimensionsなのです。 アタリからも「Blockout」という3Dのテトリスが出てるけど。 実際、Blockoutは上からブロックを重ねていくって感じだけど、WELLTRISは上下左右にある端っこ壁からブロックを底へスライドさせていく、という感じだからちょっと遊び方も違うから、インスパイア(← やや懐かしい表現)されたゲームなのかな?と思ったりも。

さくっとウェブ検索してみたところ、日本語でこのゲームについて取り扱っているサイトが皆無でちょっとびっくり。 マイナーすぎ? 古すぎる? 全然見つからないのはちょっと寂しいな……ということで、8ビット箱サイトにて紹介してみることに。 他にもTETRISの亜種、というか進化したのがいくつかあるので、それはまた後日に紹介しようと思っていて。

Welltris
で、アプリを起動するアイコン。

当時のゲームアプリのアイコンって、どれも味わい深くて、ドット数の制約も厳しいのに、今の解像度が高めな自由にデザインできるアイコンよりも、ずっとずっとかっこいい。 どこに行ってしまったんだろう、そういう細かなクリエイティブ的センス……。

テクノロジの進化とともに、人のクリエイティブ性が退化しているんじゃないですか? と、アイコン1つでここまで語ることも無いんだろうけど、つい。

Welltris
タイトル画面が出てきて、軽快なBGMがちゃかちゃか流れてくる。 なんとなく、どことなく、やっぱりあのテトリスで流れるBGMのような、ああいうロシア民謡っぽい感じの音楽。

Welltris
ゲーム開始前に選択できる難易度調整の画面。 3つのレベルと、5つのスピードから選択して、「START GAME」の文字をワンボタンマウスでクリック。

Welltris
ゲーム画面はこんな感じ。
見た感じはとてもシンプルなんだけど、上下左右の壁からブロックを底へスライドさせつつ、空間を頭の中でイメージしながら操作するのは、実のところ結構大変。 確実にBlockoutよりも難しいと思う。 直感的に操作できるように慣れると、あとはゲームが進むにつれて猛烈なスライド速度に耐えながら、ブロックくるくる回しつつ、底へひたすらスライドさせていく作業に。 なんとなくパターンもある感じ。 ただ、スライド速度が速くなると、キーボードでの操作がものすごく大変。

Welltris
ゲームが終われば、ハイスコアだと名前入力。
常に自分の名前が連ねていくハイスコアボードがとても刺激的。

Welltris
お一人目の名前登録完了。
この後も同じ名前が連ねていくとか、そういうこと想像しないようにしていただけると、少し気持ちが楽になります。 ご協力ありがとうございます。

Welltris
さて、今度はモノクロ版(B&W Version)の画面。
個人的には実のところカラーよりもこっちの方が好き。 Macintoshのゲームしてるなぁ感がすごくあるので。 できればMacintosh Plusで遊びたいところだけど、今ここで稼働してるのはIIciなので、コンパネから画面をモノクロにしてゲーム開始。

Welltris
うん、やっぱりこのモノクロ画面がいい。
右側の挿絵もカラー版よりモノクロが断然味わい深い。

Welltris
ハイスコアボードもいい感じ。
カラー版よりも点数が出やすいのは、モチベーションの違い?

Welltris
ちなみにクレジット画面。
Macintoshのモノクロ画面は当時から今も見続けてるけど、本当に飽きない。 狭い画面で低い解像度の中で巧みに表現されて、まさに芸術だと思う。 これが「Macintosh」なんだと、自分としては未だに信じている。 色味の無くなったリンゴカラーになってから、ほんと味気ゼロなマックになってしまったな、と思うのは自分だけかもしれないけど。

Welltris
ところでこのゲーム、ゲーム開始時にコピープロテクションがかかっていて、ゲームを起動した後にこんな画面が出てくる。 今はほとんど見なくなった方法だけど、いわゆるマニュアルプロテクトなやり方で、マニュアルのどこかに書いている文字を探して、それを画面に入力する方法。 当然ながら、マニュアルをコピーされてしまえば、結局は……なんだけど、それでも少しはコピー防止の抑制力にはなっていたのかも。

Welltris
もちろんマニュアルがあるのでだいじょうぶなんだけど、正直ちょっとめんどくさい。 ゲーム開始時に必ずマニュアルを見る必要があるから(いつか入力する文字列を覚えてしまうかもしれないけど)、毎回ゲームする前に箱からマニュアルを取り出す作業が発生してしまう。 このゲームはすでにAbandonware的な扱いを受けていて、とあるサイトからタダで入手できるけど、マニュアルプロテクトは外されているのかなぁ……。

でも自分としてはちゃんとオリジナルでコピーではないもので遊びたいから、マニュアル引っ張り出し作業は避けられないけど、これもまた1つのゲームする前の流れとして楽しめばいいのかな、と思うわけで。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.