8ビット箱

大脱走

大脱走
キャリーラボ(キャリーソフト)の「大脱走」。 箱に描かれた画面写真が、ゲームセンターにあるゲームのような画面で、このパッケージを手にしたときのワクワク感はすごかったのを、今でも覚えてる。

大脱走
そしていつものようにテープからロード。 このロード中、テーマソング(BGM)が流れるんだけど、2~3度聴くと、完全に頭の中を支配してくれる軽快かつ覚えやすいメロディーライン。 テープロード中に音楽が流れる、と言えば個人的には「ドアドアmk2」がわりと思い入れがあって。

大脱走
テープのロードが約8分。
そして待望のタイトル画面。
PC-6001mk2らしい色。 なんていうか「青」と「黄色」がほとんどで、目にガツンと飛び込んでくる、ガッツある色使い。 まぁこれはシステムの制約的な理由でもあるんだけど、小さかった頃の自分は、いつも「どうしてどのゲームもこういう色使いが多いんかなぁ」と不思議に思った事もあった。 画面の右上にも出てるけど、1985年4月に作られたゲーム。 この記事を書いている時点からだと30年前か・・・あの頃は若かったな、と。

大脱走
ゲームスタート。
そしていきなりの「HELP ME !」。
さて、がんばって捕虜を助けるか。

大脱走
敵との一騎打ち。
まさに「やるか?やられるか?」の瀬戸際である緊張の瞬間。

大脱走
ブリッと銃を発射して、こんな感じでやっつける。
敵キャラは残念な感じで、銃の弾一発で大空を舞う。

大脱走
捕虜を助けるには、この鍵が必要。
鍵は敵をやっつけていくと、こんな感じでポロっと落としてくれるから、すかさず拾うこと。 もたもたしてると、なぜか自然消滅してしまうので要注意。 フェルプス君がテープを最後まで再生するよりも短い感じがする。

大脱走
5人の捕虜を無事に救出。 捕虜は、ステージ開始時にプレイヤーが居た場所へ連れ戻す感じ。 5人無事だと、PERFECT GAME!となり、ボーナスポイントももらえる。 今年は賞与でるかな・・・みたいな。

大脱走
そして2面目。
最初のお城(ステージ)より少し複雑な感じに。
上り下りなども出てくる。

大脱走
一応クリア。
右下の救出した捕虜で、3人の頭の上には輪っか。 救出できずに死んでしまった残念な捕虜たち。 申し訳ない、結構がんばったんだけど。 とりあえず合計5人のうち、4人までは捕虜が死んでもなんとか次ステージへ進める。 捕虜5人死んでしまうとゲームオーバー。

大脱走
そして3面目。
今度は、真下からのスタートで、ここへ捕虜を連れてくる。
こういう感じで、捕虜をがんばって助け出すわけで。 しかしこのゲーム、50ステージまであるみたいだけど、ちょっと全部のステージ制覇するのは無理かなぁ、って感じ。 操作はシンプルなんだけど、敵が結構賢いのと、すぐ弾切れしてしまう。

大脱走
ハイスコア画面。 「HAHI」さん多いっす。 しかも1位の得点は自分には出せそうにない・・・。 で、もちろん電源切ったら、ハイスコアはこの状態に戻ってしまう。 でも、こういう「ハイスコア画面」があって、文字入力が出来るってのは、結構感動したなー。 なんていうか、家の中がゲーセン!って感じで。 それだけで、もうテンションが最高値。

ここからの画面はタイトル画面を放置しておくと出てくるゲーム説明画面。 こういう気配りもまたゲーセンのゲームっぽくて好き。 こういうのを延々と眺めてた子ども時代だったけど、大人になった今でも結局眺めてることに、これ書きながらハッと気づいたわけで。

大脱走
ACT1: カイダンヲ ノボッテ テキジョウヘ シンニュウセヨ。

大脱走
ACT2: ミハリヲ タオシ ロウヤノ カギヲテニ イレロ。 ミハリヲ タオスニハ ジュウデウツ、シュリュウダンヲ ナゲル マタハ ウシロカラ キックスルト ヨイ。

大脱走
ACT3: ロウヤヲ アケ、ホリョヲ タスケダセ。 ロウヤハ カギガ ナクテモ シュリュウダンデ アケルコトガ デキル。

大脱走
ACT4: ホリョヲ デグチマデ ツレテイキ、チレト メイレイセヨ。 スルト ホリョハ ヒトリデ ダッシュツスル。

大脱走
ACT5: アツマレト メイレイスレバ チカクノ ホリョハ PLAYERノ アトヲ ツイテクル。

大脱走
ACT6: ホリョガ ミハリニ ツカマルト ドクボウヘ ツレテイカレル。  ドクボウハ シュリュウダンヲ ツカワナイト アカナイ。

大脱走
ACT7: ホリョヲ 5ニン タスケダシタラ スミヤカニ ダッシュツセヨ。  ナオ、5ニントモ コロシテシマッタ バアイハ シッカクト ナル。

それでは、
 SPACE デ ゲーム スタート
ということで、がんばってホリョを助け出していただければと。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.