8ビット箱

ダイヤモンドアドベンチャー

ダイヤモンドアドベンチャー
マイクロキャビンの「ダイヤモンドアドベンチャー」。

マイクロキャビンのアドベンチャーゲームと言えば「ミステリーハウス」が恐らくは一番有名なのかと思うけど、このダイヤモンドアドベンチャーも個人的にはマイクロキャビン名作の1本。 テープのロード時間はそれ程長くなくて、約2分程度。 32KBメモリに拡張しておかないと動かないのでご注意を。 PC-6001mk2以上の機種であれば、気にせず迷わずMode 2で。

ダイヤモンドアドベンチャー
テープが読み終わると、いきなり目の前に立ちはだかる見た目4階建てのビル。 これが、あの「ダイヤモンド」が隠されているビルなわけで。

「Hit any key!」ということで、壊れない程度にキーを叩いてゲーム開始。

ダイヤモンドアドベンチャー
「どうする?」といきなりの質問攻撃。 ミステリーハウス同様に、英単語入力でゲーム進行。 しかし1千万円のダイヤを見つけ出すなんて、小学生時代に初めて遊んだ自分としては、全く想像できない金額。 鼻水を袖で拭いながら行きつけの駄菓子屋に通っていた時代。 一体何回もの駄菓子屋にあったクレイジーコングが遊べるんだろう?とか、そういうことを考えつつ、結局答えが出ないまま、「forward」で前進。

ダイヤモンドアドベンチャー
「1F」のドア前に到着。
「Hit-key!」と、鮮やかな水色のドアが眩しく画面から目に飛び込んでくる。

ダイヤモンドアドベンチャー
「help」を打つと、こんな感じで懇切丁寧に例として英単語が出てくる。 この並んでる単語、とても重要なものばかり。 ちなみに「PAGE-KEY」とは、キーボードの右上にあるキー。 P6ユーザには馴染みあるキーなので、特に説明は不要だとは思うけど。

ダイヤモンドアドベンチャー
「2F」に上がって、ドアを開けてみる。
んー、吸い込まれそう。
とりあえず、吸い込まれてみてほしい。

ダイヤモンドアドベンチャー
ん・・・えっ・・・!?
サイレン音が近づいてくる・・・。

ダイヤモンドアドベンチャー
あっという間にゲームオーバー。 しかも「Ok」。
ゲームオーバーになると、普通にパピコンが起動直後の、いわゆるベーシックが入力できる画面に戻っている状態に。 なので、またゲームを始めるには、「run」とゲームはまた開始。 もちろんテープは読み込んだ後だから、すぐにゲームが始まる。 もちろん「list」とかも打てるけど、あまりお勧めしたくない。

ダイヤモンドアドベンチャー
気を取り直し再開。 あちこち移動してみる。

いい感じの花と花瓶、テーブルにキャビネット。 自分の家の中には、花なんてないな、そういえば。 やっぱり花があると、エレガントな感じがグッとアップ。

ダイヤモンドアドベンチャー
椅子。
見たまんまだけど、念のため。

ダイヤモンドアドベンチャー
アドベンチャーゲームに「絵」や「写真」、ましてや絵画が壁にかけてあれば、やることは1つ。 そういえば、このゲームを始めて遊んだあの頃、PC-6001mk2を接続していたテレビのチャンネルは、がちゃがちゃっと回すタイプだったな。 この家にあるテレビは、見た目から恐らく押しボタン式。 友達の家にもそういうテレビがあって、ものすごく憧れたあの頃を今また思い出す。

ダイヤモンドアドベンチャー
椅子。
くどいようだけど、念のため。
それと、本棚。 まさか本棚に見えない、とか言う人がいたらどうしよう。 しかし、すごく大きな本棚なのに、置かれている本はほんの少しで、空きスペースたっぷり。 アドベンチャーゲームで本棚とか、本とかあると、これは何かやらなくては!という気分になってしまうのは、きっと自分だけでは無いはず、と思うんだけど、どうだろうか。

これ以上の画面写真などは、これからダイヤモンドアドベンチャーをプレイする方には申し訳ないから、この辺までにしておくことに。 せっかくのアドベンチャーなのに、写真貼りすぎるとネタバレになってしまうので。 もっと見たい人はチャレアベで・・・ってなったあの時代は良かったなぁ、と。

こんな感じで進めていくダイヤモンドアドベンチャー。 ミステリーハウスよりも即ゲームオーバーになるトラップが多くなってる。 各部屋の絵は用意されているけど、感覚的にはテキストアドベンチャーに近い感じがするゲーム。 鮮やかに色がついてるのもあって、ミステリーハウスと比べて若干緊張感が減ってしまう気もするけど、鍵を見つけたときとかにはいい感じの効果音が流れたりと、いろいろ盛り上げてくれる要素も増えて進化してるなー、と感じる逸品。 難易度はそれ程高くはないけど、つい何度も遊んでしまうのは、やっぱりマイクロキャビンのアドベンチャーゲームって、クォリティが高いからこそだと、そう思う今日この頃だったりする。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.