8ビット箱

こんにちはマイコン

こんにちはマイコン

パピコン、P6シリーズユーザのバイブルと言えば、もうこれしかない、と言い切ってしまう。 当時は「ゲームセンターあらし」っていうマンガが大好きだったので、この本を書店で見つけたときには、全く迷い無く購入。

内容としては、とてつもなくシンプルなんだけど、マンガとして読んで楽しい本。 ベーシックの基本を題材にしているけど、マイコンショップでのルールまで書いてたり(当時のマイコン好きな子ども達はすでに知ってることだけど・・・)、当時の秋葉原のマイコンショップリストが載っていたり。 でも、自分は関西の人なので、このショップリスト(&マップ)を見て「うわー、東京ってものすごくいっぱいマイコンショップがあるなぁー」と、とてつもなく羨ましかった気持ちを今でもまだ思い出せるくらい、何度も何度も読み直した本。 他にも「マイコンベストカタログ」というコーナーのページがあって、これもまた今読み返すと、懐かしい機種が目白押し。 JR-100や、ぴゅう太とか、そういう機種がずらりと。

 [feed]


(C)2013-2021 hide.h all rights reserved. powered by all of my old memories.